2012年12月05日

胃−クリーンプログラム 【実践したら5日目に効果が!】


【胃−クリーンプログラム】を実践したら、

5日目で効果が表れました。


呑酸、喉のつかえ、げっぷが楽になりました。


胃−クリーンプログラムの詳細はこちら



そのとき、私は1ヶ月くらい逆流性食道炎らしき症状に悩まされていました。


喉の奥には苦いような、いがらっぽいような感じが何時も有り、食道に何かがつかえているような違和感もあります。また、普通ではあり得ないほどの頻度でげっぷが出ます。


症状としては重い方ではないのですが、このまま放置すれば食道癌か胃癌になってしまうのでは?と思うと不安で仕方ありませんでした。


そんな時に【胃−クリーンプログラム】を見つけ、ダメもとで試してみようと思ったのです。


購入したその日のうちにマニュアルを全て読み終えました。


逆流性食道炎の改善法が多数書かれており、その中には直ぐにでも始められるものが幾つもありました。


私の場合には、簡単な5つを行なってみることにしました。栄養・食べ物系が3つと、それ以外が2つです。


最初はよくわからなかったのですが、5日目の午後に「あ、これは良くなっている!」って感じたんですね。


でも、ある時を境にスッキリ治るというのではなく、良くなったり戻ったりを繰り返しながら何となく全体として良くなっている、という感じです。


それでも、はっきり症状が軽くなっているのを感じて、精神的にもすごく楽になりました。体調が悪いととかくネガティブな事ばかり考えてしまうものですが、改善しているという感覚があると前向きになれますね。


【胃−クリーンプログラム】の内容について感想を書きます。ただし、そのものズバリの内容を書くと法的に訴えられてしまうので、それはできないことをご了承ください。


【胃−クリーンプログラム】では、逆流性食道炎・急性胃炎・慢性胃炎に関する基礎知識から説明されています。また、症状を改善していくために必要な心構えについても最初の方に書かれています。


これらの部分のボリュームがけっこう多いので、直ぐにでも改善法を知りたい人は、「まだかまだか」と思うかもしれません。(私は思いました。)


でも、先々役立つ知識も多いと思うので、基礎知識の説明はしっかり読んだ方がいいでしょう。


記述の仕方に関しては、章の中に節があり、節の中に項目があり、・・・という入れ子構造がけっこう大きいので、いま何のところを読んでんだったっけ、みたいな感じになるかもしれません。


しかし、これは2〜3回読み直せば問題にならないので、軽くスルーした方が良いです。


肝心の逆流性食道炎・胃炎の改善法に関しては、十数個ある改善法と裏技的改善法の中から、自分で幾つかをチョイスしてやってみる、という形になっています。


なかには、調達ルートを真剣に探さないとならないかなと思うものもあります。でも、大半は今すぐ実行できるか、すぐに調達できるものを利用します。


従って、【胃−クリーンプログラム】を実践しようとしたけれどできなかった、なんてことは絶対にあり得ません。もし、実践しなかったとすれば、それは「やる気が無かった」ということです。


また、このプログラムではメンタル面のケアに関してもページ数を割いて説明しています。


私もそうですが、逆流性食道炎・胃炎に悩むと精神的に不安定になったり、夜寝れなくなることもあるでしょう。そんな場合の対処方法が解説されているのです。


病気は気持ちの持ちようによって、改善のスピードが大きく変ってくるものです。その点でメンタル面のケアは大事ですね。


いま、逆流性食道炎・胃炎で不安な日々を過ごしている人は、1度このプログラムを試してみてください。



胃−クリーンプログラムの詳細はこちら




逆流性食道炎・胃炎を改善する【胃−クリーンプログラム】の口コミ、レビュー、効果などの情報を公開しています。私はプログラム開始5日目で効果が表れました。




胃炎治療CMEXプログラム


下痢改善プログラム【短期集中講座】


posted by Halleria at 13:53| 胃−クリーンプログラム